バナナでも釘は打てる

柔らかく美味しいバナナでも、ちょっとした工夫で釘は打てます

読了 - THE TEAM 5つの法則

(早く読み始めたはずなのに時間がかかったのは…そうか、面白かったんだ)

さて早速本題に入りましょう。

最近、アジャイルが話題に上る機会が増えてきています。

しかしアジャイルは、ソフトウェア開発プロセスというだけではありません。

従来のプロジェクトマネージャの下にリーダーがいて、その下にメンバーがいるという組織構造に慣れている人には戸惑うこと間違いなしです。

プロダクトオーナーはユーザー側の人だし、スクラムマスターはメンバーを支える役割。

これまでプロジェクトマネージャやリーダーだった人は自分のポジションが無くなるような戸惑いを感じることでしょう。

そう、IT業界ではこれまでのチームを再編するしかない事態が目の前に迫っているわけなんです。

と、ここでやっと今回の書籍「THE TEAM 5つの法則」の話に持ってこれました。

f:id:ino-agile:20210913015501j:plain

本書を一言でまとめるなら「チームづくりの教科書」です。

チームづくりは5つの法則を活用することで良くなるとしています。その5つとは

1章 Aim (目標設定)

2章 Boarding (人員選定)

3章 Communication (意思疎通)

4章 Decision (意思決定)

5章 Engagement (共感創造)

各章でそれぞれについて解説するスタイルとなっています。

特に興味深かったのは2章での「チームにはタイプがあり、それぞれに適切なメンバー選びがある」という話。

チームを「環境の変化度合い」と「人材の連携度合い」でパターン化するとチームにとって適切なことが分かり易く整理できるというのが本書。

例えば「人材の連携度合い」が小さければ、似たタイプの能力を持ったメンバーを集めた方が良い。

これは個々の活動をメンバー1人ひとりが自己完結して取り組むから。

一方で、連携度合いが大きければ異なるタイプの能力を持ったメンバーを集めた方が良い。

チームのパターンは意思決定の仕組みにも影響があるという解説も分かりやすくて納得感もあります。

本書をもとにいろいろと実践してみたくなる、そういう本です。

DXやアジャイルが急に脚光を浴びてきていますが、これまでと異なるプロセス、異なる役割分担で業務を進めるのは難しい。

きっとチームの在り方も見直すことになるはずです。

本書は新たなチームへの変換に役立つ良書でした。

読了 - オンライン講座を頼まれた時に読む本

講座やワークショップなんか受講するもの。自分が講座を担当するなんてありえない。

そう思ってる人がほとんどなんでしょうね。

でも講演スキルは日常業務にも使えるんですよ。

f:id:ino-agile:20210904113507j:plain

私はIT技術者なんで、ITでの例になっちゃいますが実際に「これは使える!」と思ったのは、

ワークショップグラフィック・レコーディング

システムの要件定義というと普通は机はさんでユーザーとベンダーが対峙。

ベンダー 「今回の〇〇システム化では…」

ユーザー 「××なので、スマホを使いたい…」

みたいに対話が中心。

ベンダーが聞いた話を要件定義書にまとめて、ユーザーがレビューして…と進むことが多いです。

ある時、ユーザーがシステム導入後をイメージできていないな、と感じた私は要件定義をワークショップでやっちゃえとヒラメきました。

  • 打ち合わせの全参加者に付箋を配布
  • 「5分さしあげます。1分で1枚、要望を自由に書いてください。」
  • 集まった付箋をホワイトボードに張り付けて、みんなでディスカッション。
  • 叩き台がホワイトボードに現れたから、参加者もツッコミが入れやすい。

  • 話に出てきたことをA3の紙に書き出しながら、どんどん壁に貼っていく

こうすると「議論の見える化」ができます。

会議の途中から参加した人も壁とホワイトボードを見れば、そこまでの話がわかる。

終了時点で付箋だらけのホワイトボードと壁に貼ったA3の紙をスマホでパシャ!

みんなに配れば議事録もおしまい。

文章を書き連ねるより、はるかに記憶を呼び起こす議事録になりました。

ちょっと回想が長いですね、スミマセン。

本書での気づき

いつものように少しだけ紹介しておきますので、興味が出たら本書でどうぞ。

視線の使い方(アイコンタクト、他を見る、メモを取る)

オンラインでは空気感や「あなたと対話している」感を伝えるのが難しいです。

オンラインでも、疲れさせず、飽きさせず、

「ちゃんと向き合ってるよ」そういうことを伝えるのに視線が使える。

口元も見せた方がいいです。

眉もいつもより意識して動かしましょう。

資料の事前配布

聴いてる側のデバイスや通信環境は様々。

わかっているつもりでも忘れがちです。

資料を先に渡すことで、聴いてる人は音声だけクリアなら話についていける。

ストレスなく聴いてもらうにはプレゼン中に提供するサプライズは諦める方がいいんですね。

今回の締め

これからオンラインでの対話は日常に入り込みます。

オンラインでの会議で「おっ」と思ってもらうためにも本書の講演ノウハウはアリですね。

読了 - 頭のいい説明「すぐできる」コツ

分かりやすく伝える説明はビジネスパーソンの基礎スキルと言えます。

でも一朝一夕に身につくものではなく、いい説明ができたかどうかも分かりにくいものです。

本書を読むきっかけとなったのは本書のマンガ編でした。

マンガにする以上、ストーリーやキャラの面白さを加えるためにコアのコアというべき部分以外を大胆にそぎ落としているはず。

そう考えて本書に取り組んでみました。

一言で感想を言葉にするなら「説明を洗練するのは素振りのような練習が欠かせない」です。

また、後で本書の内容を思い出すツールとしてマンガ編も使えそうです。

ポイントをマンガで思い出したながら、いろんなことを説明して素振りを繰り返すのが「いい説明」ができるスキルを身に着けるコツでしょう。

f:id:ino-agile:20210829225023j:plain

マンガ編になかったポイント

その1.会議で想定外の説明を突然求められた場合

頭のいい説明ができるコツ、という話の中でこういうシチュエーションが出てくるとは思いませんでした。

その場面で、なるほどっと思ったポイントは

ムリに結論から始めようとしない

です。

普通であれば、結論から話を始めるのがクールな説明です。

でもこの場面で著者は「結論から始めない」ことをアドバイスしています。

まず、よく知っている事実を説明しながら結論になるメッセージを探すんだそうです。

黙り込んでしまうよりも、慌てずに事実や前提条件を確認しながらオチにできるメッセージを探すという方法を知っているだけでも良さそうです。

その2.数字・固有名詞は書いて説明する

「数字」や「固有名詞」は、耳だけで聞いていると、聞き間違え、聞きそびれが意外に多いのです。

しかも、「数字」「固有名詞」は(中略)聞き取れないことそのものが大きなストレスになります。

残念ながらこれは意識したことなかったです。

エバンジェリストのプレゼンを思い出してみると、1枚のスライドにキーワード1つに数字2つだけ、みたいなのってよくあります。

そういうことだったんですね。

その他にも

  • 主語「私は」を増やすと、話が力強くなる
  • (エレベータピッチで)その場で話をまとめない

など、マンガ編にないTipsを探してみると面白いです。

今回、マンガ編と元になった文章のみの書籍を読んでみた結果で思ったことが一つ。

それは、詳しくすると難しくなるテーマもデフォルメ次第で読み手を増やすことができる

自分の得意領域をデフォルメするとどうなるか、工夫を考えてみると面白い切り口が見つかりそうです。

試してみては如何でしょうか?

読了 - ドムドムの逆襲

企業再生の戦略的な話だと思ったのに

書籍にこのタイトルが書いてあったら企業再生の話だと思うのが普通じゃないでしょうか?

流して読むと途中で「あれ?」っと思うわけですが、本書はドムドムを再生させるためにどうしたという話ではありません。

よくみると本書中にも「ビジネスを学んでいった過程を書いてほしいと編集の方に言われた」と書いてある。

そうか仕方ない、じゃあそこから何を読み取るかに切り替えよう。

f:id:ino-agile:20210822160418j:plain

著者 藤崎忍さんは39歳まで専業主婦。そこからアパレルショップ店長、居酒屋経営を経てドムドム入社。その9か月後に社長就任。

こういうと身も蓋もないが、このような人のマネは難しすぎる。

本人のポテンシャルがあったにしても「出会いの運」が強く影響しているから。

とはいえ本書の主題でもあるビジネスを学んでいった過程をざっとまとめてみる。

109のアパレルショップ店長(後継者候補として)

習得したのは店舗経営、顧客への価値提案。

居酒屋アルバイトから新橋の女将

ここで習得したのが事業計画、創業、商品開発。ブランチ(2店目)展開とシナジー効果

ドムドム入社後

社長になる前の9か月で、商品開発、エリアマネージャーを担当。

キーワードだけ抜き出してみたものの、やはり短期間で駆け抜けたことを思うと慌ただしい。

思うにこの藤田さんは、自分と与えられた仕事に真摯に向き合ってきた人なんだろう。

立ち止まることなく(?)、ありたい姿を模索し続ける、その結果がこの人の今なんだろうと感じられる。

今が終着点というわけではなく、まだ何かしてくれそうな期待も感じられる、そんな人。

50年先に目標を置くと、経営方針に芯が通る

50年後も愛されるブランドでありたい

5年、10年先の話ではなく、50年つづいてきたものをさらに50年つづけていくことが会社としての目標だとおもっています。

本書の中で印象に残ったことの一つが50年後のドムドムを思い描いて経営方針を貫く姿。

5年先をターゲットにすると売上高x%アップとか、店舗数拡大などが目標に据えられることが多い。

確かにそれは間違っていないけれども、50年後にどう在りたいかと問われれば、数値的なことではなく、より本質的な目標が見えてくる。

これが企業としての存在意義を明確にする方法なのかもと感じ入った。

五十年先まで残れる企業は多くない。それでも、例えば二十年先にどんな企業、あるいは個人で在りたいかを描くことの効果は大きい。

70、80歳になった時に現役世代の人たちから「対等な現役」扱いされる人材でありたいもの。

まずは昔のことを自慢するジジイになることだけは避けよう。

読了 - ゼロから始める情報発信: No Output, No Value

発信し続けることの意味

1年間続くブログは30%、2年間続くブログは10%

ブログじゃなくても、2年以上発信し続けるのは容易ではありません。

ネットへの情報発信として捉えると、自分には必要性がないと思う人も多いでしょう。

でも、本書は「No Output, No Value」=「どんなにすごいことをしていても、誰にも知られなければ存在しないのと同じ」だと言います。

2年以上継続していること、誰にでもありそうですが

その継続は知られているのでしょうか?

f:id:ino-agile:20210815173932j:plain

せっかく続けてきたことを「存在しないのと同じ」と言われたくはないものです。

じゃあ、どうするか、ですよね。

やってきたこと、継続していることの意味付けは自分1人でもできます。

まずは自分の覚え書きとして、次はいずれ交代するときの引継ぎ資料として。

簡単なことを少しずつでいいから、続けて発信していくことは自分の価値を認知してもらうキッカケになります。

会社内でのことは一般の人が目にするブログやインスタに気軽にあげてよいとは限りませんが、探せば発信する方法はあるものです。

私の場合は、機能評価と称して、

  • ポータルサイトを立ち上げた
  • 全文検索システムのFessでプロジェクトのドキュメントサーバを検索できるようにしたついでに自分で書いたTipsやFAQも検索対象に混ぜた

などとやってから、口コミで広げています。

便利であれば見る人は増えるもの、見る人がいれば自分が認知されることになります。

「発信することなんか思いつかない」という人にアドバイス

まずは自分がやってることが便利と思える側面を探しましょう。

自分のやってることが当たり前すぎると思うなら、誰か別の人に引き継ぐことを想定してみましょう。

自分がやるから簡単なだけで、いきなり引き継げと言われたら「そんなの出来ない」と言ってしまうことはよくあります。

たいていの仕事には多くのレアケース対応が含まれていて、それがTipsなんです。

もし、誰にとっても便利じゃないなら改善を図るしかありません。

社内のしがらみで変えにくいことを改善する過程は間違いなく誰かの知りたいことです。

本書にも良いコンテンツのつくり方として

  • 自分が困ったことを書く
  • 身近な一人のために書く

と、あります。

継続的に発信できるようになれば、ネットの世界でも発信し続けることはできるはず。

本書の著者のように書籍化の話が飛び込んでくるかどうかは、発信するコンテンツ次第でしょうが、会社内とは違う出会いがあるのもまた事実。

いろんな人が、いろんなことを発信して共創できると楽しい

そうそう。

このブログもリブートしたのが2019/02/23(読了 - 管理ゼロで成果はあがる~「見直す・なくす・やめる」で組織を変えよう)なので、継続してると言って良いでしょ。

読了 - パーパスマネジメント

Purpose=存在意義

頑張って最後まで読んでみた感想…それは「なんとも言いづらい本」。

会社の幸せと、従業員一人ひとりの幸せが完全一致している状態が最高。

確かにその通りだとは思います。

(でも、ですねぇ…)

f:id:ino-agile:20210807151803j:plain

本書の言うPurposeとは存在意義の意味で使っています。

こういうと「あれ?」と思うのが『ミッション』という言葉です。

本書中でも「ミッションとはどう違うのか」という一節があります。

そこでは

わたしたちがわざわざPurposeという言葉を使っているのは、より本質的・根源的な存在意義を追求する必要がある、と考えているからです。(略)

ミッションステートメントはその名の通り「理念」であり、とても重要なものですが、残念ながら社会的意義が具体的に表記されていなかったり、そこで働く人一人ひとりにとっての「自分ごと」として捉えられる内容になっていないケースが多いのです。

正直なところ「何か違う」そういう印象です。

理念とミッションは違います。

ミッションは会社が達成すべき目標であり、社会における会社の存在意義です。

もしミッションに具体性がなく、働く人にとって自分ごとに捉えられないのであれば、ミッション自体を定義しなおすべきでしょう。

そこを放置したまま、Purposeという別の言葉で言い換えてみてもうまくいくとは思えないんですが、どうなんでしょう?

ピッタリと足並み揃わなくても

多分、本書のコアメッセージがこれ。

会社組織のPurposeとそこで働く個人のPurposeが一致していると、社員はいきいきと幸せに働くことができます。

社員が幸せだと、会社の業績は間違いなく上がるのです

会社と社員の幸せを一致させましょう、みたいな勢いです。

しかし個人の場合、仕事に幸せを見出すケースと仕事以外に見出すケースがあります。

そしてそれらは100対0のようにキレイにわかれるものでもありません。

ライフステージによって変わっていくことも普通のことですから、会社と社員の幸せを一致させ続けるのは容易ではありません。

それでも会社が目指しているものに社員が共感できるなら、その方が絶対にイイです。

だから、会社はその存在意義を明確に定義し、事あるごとに従業員への浸透を図るのが良いんだと思いますね。

読了 - データマネジメントが30分でわかる本

データアナリスト、データサイエンティスト。

最近、高所得エンジニアとして注目されてますから、なりたい人は多いはず。

必要なスキルは統計、分析、機械学習、AI関連の知識、etc....

勉強することは盛りだくさん。

そう簡単になれる職業ではなさそうですが、これらのスキルはいずれも「どの程度できるのか」がわかりにくいですね。

そこで考えてみました。

仕事を頼む側の立場なら、どういうことが『出来て当然、知ってて当然』な人であって欲しいか?

私なら「データ活用って何から始めて、どうすればいい?」という質問に分かり易い答えを返してほしいです。

前置きが長くなりましたが、これが本書を読んでみた理由でした。

f:id:ino-agile:20210725191021j:plain

読後に感じたのは「この本、使える」

本書を一言でまとめるなら『データ活用』を実践・定着させるための実用書です。

「データマネジメント知識体系ガイド 第二版」(略称はDMBOK 2nd)をベースにデータマネジメントの考え方の道筋を示そうとした書籍。

なによりもその構成が面白い。

11ある各章ごとに、

【30秒コース】一言で!

【3分コース】なにそれ

【30分コース】どうして

【30分コース】ゴール

【30分コース】具体的にどうする

【3時間コース】ケーススタディ

と、構成されてます。

上司や周りに「データアーキテクチャって何?」と聞かれたら、まず『【30秒コース】一言で!』をそのまま伝えた後、『【3分コース】なにそれ』を使って説明するのに使えます。

それで、自分が担当になったら【30分コース】と【3時間コース】で得た知識をもとに進める、なんてことが出来そうです。

特に【30分コース】、【3時間コース】は著者らの日頃のノウハウを盛り込んでおられるようで、先に知っていなければ見落としそうなTipsも盛り込まれてました。

幾つかピックアップさせて頂きましょう。

まずは、7章 データ品質。

  • ルールを策定する際には、データのライフサイクル全般を管理できるよう働きかけましょう。データの出口だけを高品質に保つのではなく、入口や途中のプロセスで高品質を担保する発想が重要です。
  • ビジネスで施策を行うなら、効果をモニタリングしたいですよね。ならばログ要件は早い段階で定義すべきです。

システム開発では「機能を実現すること」に重視しすぎて「ビジネス・業務としての効果」に対する配慮がおろそかになりがちです。

実際、ログをビジネス・業務の効果確認に使おうという要件も聞いたことがないです。ここを読んだとき、結構もったいないことしてたんだと焦りました。

つぎに9章の「データ活用を促進する7ステップ」より

⑥地道なハンズオンでデータ文化を醸成します

活用を浸透・定着させるために、こういう活動は地道だけど効果的に違いないでしょう。

見過ごされがちなデータ管理

本書あとがきに

場当たり対応、そろそろ止めませんか?

と、あります。

企業に何か新しい仕組みを導入する場合、前述のように「機能」にだけ注目され、データはシステム間でツギハギになってしまってることは、本当によくあります。

しかし、DXに必要不可欠なものは「データ」です。

ほんの数年前とは、種類・量とも比較にならないほど安価で容易に集めることが出来るようになりました。

当然、データを集めても活用できなければハードディスクの肥やしにしかなりません。

データは場当たり的に集めるのではなく、きちんとマネジメントすべきです。

DMBOK 2ndは、いきなり買うには高いし難しいようなので、本書から始めるのが良さそうです。

Amazon kindle unlimitedで読んだんですが、改めてこの本は買いました)